ポール天気を変える

Share

ポール・マッカートニーが、ロシアの天気を修正した。6月20日(日)にロシアのサンクト・ぺテルスブルグで行なうコンサートは、マッカートニーにとって3,000回目のステージとなる特別なものだった。しかし、あいにくその日の天気予報は雨。そこでマッカートニーは、ジェット機を飛ばし雨雲にドライアイスを噴射したという。
『The Sun』紙によると、2万ポンド(およそ400万円)をかけたこの作戦は大成功。マッカートニーがステージに登場するときは、雲の間から日が差していたという。
関係者はこう話している。「(マッカートニーは)素晴らしいアイディアだと思ったんだ。ドライアイスは、雲の中の水分をホールドするからね」
この夜は、15歳でザ・クォリーメンに参加して以来、3,000回目のコンサートとなった。マッカートニーは、ザ・ビートルズで2,523回、ウィングスで140回、ソロとして285回、ステージに立ったという。
マッカートニーは、今週末行なわれるグラストンベリー・フェスティヴァルで2日目(6月26日)にヘッドラインを務める。
Ako Suzuki, London」(BARKSより)

うーん、さすがポール。でも、2万ポンドっていうのはその他もろもろの経費と比較してそんなに高いものではないのでは? 宣伝効果も考えるとリーズナブルなのかも。
あと2年で64歳。あのときはまさか自分が天気を変える人間になるとは思ってなかっただろうな、おそらく、、

Lucy

Second Lifeに棲息しつつ、いろいろと音楽を勉強中です。詳しいプロフィールはこちら http://lucytakakura.com/about-lucy

ポール天気を変える」への1件のフィードバック

  • 2004年6月26日 12:03
    パーマリンク

    「あ、雨だ。 ちょっとそこのコンビニで傘を買ってきてよ」
    ぐらいの感覚なんだろうか?(笑)
    てなわけで、竹下ウナギ@名古屋です。ご無沙汰(^_^;)

    返信

コメントを残す